28日予定されていた衆院政治倫理審査会が自民党のガバナンスのなさ、当事者への交渉能力のなさから開けなくなった。衆院政倫審の野党側筆頭理事・立憲民主党寺田学議員は27日、筆頭間協議後のぶら下がりで「自民党のガバナンスがほぼ機能していないし当事者への交渉能力もない、本当に情けない。

このような自民党見たことない」と呆れかえった。


 また立憲民主党の笠浩史国対委員長代理は同日「政倫審は疑惑を持たれている議員がそれぞれ国民に説明責任を果たす場。非公開で行うということであれば国民への説明責任を果たしたことには一切ならない」と断じ「完全公開で行うべき」と主張した。


 笠氏は「政治とカネ、裏金問題の真相をしっかり解明していくこと、あるいは説明責任を果たさせるということが予算審議と合わせて非常に重要」と強調。自民党が1人1時間という時間振りについても「不十分」とした。


 また日程に関しても「そもそも裏金という、あってはならない事があって今回の日程になっているわけだから自民党が誠実な対応ができないというのであれば、私たちは国民の立場に立って、その徹底究明をする前に予算の採決はできない」と自民党の姿勢を強くけん制した。


 寺田氏は「政倫審に出席するとしていた5人のうちの一部の方の態度が突如変わった、そして5名のうちの2名、その2名から1名、その1名からも出席しないという。これに具体的説明はなかった。28日に倫理審査会は開かれなくなった」と呆れかえった。(編集担当:森高龍二)