桜を見る会前夜祭で安倍氏、国会で虚偽の説明か

       

 安倍晋三前総理の後援会「安倍晋三後援会」(山口県下関市)が「桜を見る会」前日に都内ホテルで後援会員らを招いて催した「前夜祭」で、参加者らが支払った額(1人5000円)に対し、ホテル側で発生した費用の不足分を補填した可能性が出てきた。ホテル側が安倍氏側へ領収書を作成していたという。


 事実なら政治団体の収支記載を義務付けた政治資金規正法違反(政治資金報告収支報告書不記載)にあたる。東京地検特捜部は後援会代表を務める公設第一秘書から任意の事情聴取を行った。


 また差額の補填は有権者に対する利益供与にあたり、公職選挙法違反(選挙区内の者への寄付)になる。すでに弁護士ら数百人が安倍氏や公設第一秘書らを公選法違反で刑事告発している。


 安倍前総理は国会答弁で「事務所や後援会の収入、支出は一切ない。事務所職員は参加者から5000円を受け取り、ホテルから預かったホテルの領収書を手渡しただけだ」とし、参加者とホテルとの直接契約により催されたものと主張していた。また、1人5000円という金額も「ホテル側が提示したもの」と説明していた。


 ホテル側で発生した費用の不足分を後援会事務所が補填していたとすれば、安倍前総理の国会答弁は虚偽だったことになり、1人5000円という額をホテル側が提示したことも虚偽説明の疑いが出てきた。安倍氏は自身のツイッターでは24日午前10時現在、この件に関しての発信をしていない。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

安倍晋三のプロフィールを見る
エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「桜を見る会前夜祭で安倍氏、国会で虚偽の説明か」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    安倍氏が秘書から報告を受けていようといまいと、安倍事務所が政治資金規制法に違反したのは明らか。これだけの金額なのだから、安倍氏の管理責任は当然問われるべきでしょう。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

「安倍晋三」に関する記事

「安倍晋三」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「安倍晋三」の記事

次に読みたい「安倍晋三」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月25日の政治記事

キーワード一覧

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。