SKE48荒井優希、プロレスデビュー戦の相手が決定「肩書に救われてるだけ」の挑発に闘志
拡大する(全1枚)
東京女子プロレスに本格参戦することを発表していたSKE48荒井優希が5月4日にデビュー戦を迎えることが決定。アップアップガールズ(プロレス)の渡辺未詩とのタッグで伊藤麻希&遠藤有栖と対戦する。

【写真】ファイティングポーズで闘志を燃やす荒井優希、ほか記者会見の模様

荒井は、「前回の記者会見の時に、いつか闘ってみたい相手として伊藤選手の名前を挙げさせていただいたので、デビュー戦から闘うことになると知ってすごくビックリしています。前回DDTのリングで対戦した時は、自信もなくてまだなにも知らない状態だったんですが、今は練習も頑張っているので、あの時よりは自信のある姿で全力でぶつかっていけたら。未詩選手と一緒に力を合わせて頑張ります!」と意欲を燃やした。

荒井とタッグを組む渡辺未詩は、アイドル兼プロレスラーグループ・アップアップガールズ(プロレス)のメンバーで、48グループはアイドル好きとして応援していたと語り、「荒井さんはオーディションのドラフト会議の時から実は見させていただいていて、プロレスラーとして一緒にタッグを組んで闘えるというのは夢にも思ってなかったことなので、とても嬉しいです」と喜び、「荒井さんとタッグを組めることはアイドルとプロレスの力強い架け橋になれると思うので、アイドル界とプロレス界をさらに盛り上げていけたら」と抱負を語った。

対戦相手の遠藤有栖は、現在無期限活動休止中のアイドルグループ「Cheer▽1(▽は「ハート」が正式表記)」のメンバーで、今年1月にプロレスデビューしたばかり。「プロレスデビューは荒井さんより早かったので、絶対に負けません!」とライバル心をむき出しにした。