高橋愛「やっぱり悔しかった」プラチナ期 真っ只中でモーニング娘。が考えていたこと

高橋愛「やっぱり悔しかった」プラチナ期 真っ只中でモーニング娘。が考えていたこと
拡大する(全1枚)
アイドルは時代の鏡、その時代にもっとも愛されたものが頂点に立ち、頂点に立った者もまた、時代の大きなうねりに翻弄されながら物語を紡いでいく。結成から20年を超えたモーニング娘。の歴史を日本の歴史と重ね合わせながら振り返る。『月刊エンタメ』の人気連載を出張公開。13回目は2009年のお話。
高橋愛新垣里沙亀井絵里道重さゆみ田中れいな久住小春光井愛佳ジュンジュンリンリン。約2年に渡るメンバー固定の末に、彼女たち9人が同じステージで歌い踊った最後の1年、そこに何があったかをきちんと振り返るには、まず先に当時の空気を抑えておく必要がある。

彼女たちがモーニング娘。と呼ばれていた2009年は複数の分野で歴史が大きく動いた年でもあるのだが、そこにはいずれも、「民意」が共通のキーワードとして深く結びついていた。中でも象徴的なのは夏の衆議院議員総選挙における自民党から民主党への政権交代、そしてやはり同年夏に行われた、初のAKB48選抜総選挙である。

まず政治分野における2009年の「民意」を振り返ると、この年の選挙で自民党が歴史的敗北を喫し、政権与党の座から下ろされることになった。背景には、2007年に表面化した年金記録問題、そして2008年に起きたリーマン・ショック(世界金融危機)の影響がある。

年金記録問題では旧社会保険庁のミスにより、約5000万件の年金記録が“宙に浮いていた”ことが発覚。またリーマン・ショックでは一時持ち直していた日本経済が再び大ダメージを受けてしまうのだが、当時の自民党政権はというと、短命内閣に相次ぐ失態・失言のイメージが重なり、国民からの信頼を日に日に失っていた。

当時の記事を読む

高橋愛のプロフィールを見る
エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高橋愛」に関する記事

「高橋愛」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高橋愛」の記事

次に読みたい「高橋愛」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 高橋愛 Instagram
  2. 高橋愛 ファッション
  3. 高橋愛 結婚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。