JリーグID登録数20万突破!ガンバ大阪、コロナ禍のデータ活用法

JリーグID登録数20万突破!ガンバ大阪、コロナ禍のデータ活用法
拡大する(全6枚)

Jリーグが2017年より導入した会員サービス「JリーグID」。チケット購入をはじめ、Jリーグが提供する各種機能を同一IDで利用できる利便性もあり、現在200万以上の登録を集めている。同IDでは会員によって設定された「お気に入りクラブ」がメール送付やニュース配信など、会員データをマーケティング利用できるため、各クラブはファン・サポーターにJリーグIDの登録を促している。

そんな中、ガンバ大阪が2021年4月にJリーグ内で最も早くJリーグIDの登録数(「お気に入りクラブ」設定数)20万を突破した。その要因は何だったのか。そして、20万の会員データをどのように活用しているのか。ガンバ大阪・顧客創造部の山崎美枝氏、奥永憲治氏、小森誠之氏の3人に話を聞いた。

ホームタウン活動を通じて

――JリーグID登録数20万突破は全Jリーグクラブの中で最速とのことですが、要因は何だとお考えでしょうか?

山崎「ガンバ大阪ではJリーグIDが始まる前からクラブとして顧客データを保有していました。ファンクラブ会員や年間パス会員に加えて、『重点7市(吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、摂津市、池田市、箕面市)』を中心とした14市3町のホームタウンエリアに住まれている方のデータが約2万3000件あり、試合開催情報などをお送りしていました。これがJリーグIDを集める上でのベースとなっています」

――ホームタウンエリアの顧客データはどのように集められたのですか?


この記事の画像

「JリーグID登録数20万突破!ガンバ大阪、コロナ禍のデータ活用法」の画像1 「JリーグID登録数20万突破!ガンバ大阪、コロナ禍のデータ活用法」の画像2 「JリーグID登録数20万突破!ガンバ大阪、コロナ禍のデータ活用法」の画像3 「JリーグID登録数20万突破!ガンバ大阪、コロナ禍のデータ活用法」の画像4
「JリーグID登録数20万突破!ガンバ大阪、コロナ禍のデータ活用法」の画像5 「JリーグID登録数20万突破!ガンバ大阪、コロナ禍のデータ活用法」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ガンバ大阪」に関する記事

「ガンバ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク