LGBTは認めない・ソウル市長選候補の見解ー韓国

LGBTは認めない・ソウル市長選候補の見解ー韓国
拡大する(全1枚)
ソウル
 2021年3月、男性として生まれたけれど、心は女性だ。またその逆もある。女性だけど女性だけしか好きになれない。またその逆もなる。性の多様化が認められつつある現代。

その他の写真:ソウル

 韓国軍の軍人が性転換の手術をしたことによって、除隊になったということは既報済みだ。残念なことに、この軍人さんが、自ら命を絶った。韓国は、自殺が解決策と思われるほど多いが、この軍人さんに関しては、それだけではないなにか複雑なものを感じる。

 男性の場合だが、性転換して女性ホルモンを充填しても、DNAは男性のままなので高齢化した時に、男性がかかりやすい病気になる(日本では、カルーセル真紀さんが今苦しんでいる)。心は女性でも、女性ホルモンを充填することで精神のバランスを崩して、自殺を選択する人も、あまり知られることなく多い。

 性は、その人だけの問題であり、法律で縛ったり、他者がどうこう言う問題ではないと思う。

 さて。2021年4月7日投開票のソウル市長選(前市長も、自殺だ)の有力候補で野党の代表が、毎年ソウル中心部で行われる、LGBTのパレードに関して「拒否する権利の尊重」と否定的な見解を示している。

 文在寅大統領も、大統領候補時代に「同性愛は好きではない」と述べている…今は、そのスタンスを曖昧にしている。

 保守の国・韓国では、パレードについて「好ましくない」と考える人が50%いる。好ましいと考える人が25%で倍だ。

 拒否したいならば、見なければいいし、語らなければいい。それをnewsにしない新聞やテレビを選択すればいい。ネットではその項目はスキップすればいい。それだけ知らなくていい自由は選べる。

 ただ、LGBTが嫌いで否定しても、その人たちも1票持っていることは魅力的らしく、「今後ソウル市民の知恵を借りたい」と持論を、世論に置き換えようとしている。

 男でなく女でなく、人間ではだめなのか?
【編集:fa】

当時の記事を読む

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月21日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。