【コラム】あれ、いないんだよ患者なんか。なんで欲しいの? 韓国
拡大する(全1枚)
韓国のイメージ
 2022年2月、韓国に、国連の北朝鮮人権状況特別報告者が調査のために訪れた。そして、なぜか、韓国の野党議員たちと会った。どこの野党かと言えば、妻が元風俗嬢疑惑を持たれている大統領候補者を擁立しているところ。

その他の写真:韓国のイメージ

 国連から遣わされている報告者は、何度も訪韓して、情報収集をしている。そしてこれを最後に報告書作成する予定だ。

 野党だからなのか、言いたい放題だ。任期終了間近の文在寅大統領を貶す貶す。コロナが発生したのは、2019年11月と言われる。まだ2年と4カ月なのに、「3年」と称して、文大統領が、北朝鮮のためになにもしなかったと袋叩きだ。

 メーカーはどこであれ、ワクチンも38度線近辺に置いているし、本当にあるのかどうか謎な北朝鮮支援金も予算計上している。もう、韓国のためというより、北朝鮮に好かれるための努力を惜しまなかった。それは、既報の通りだ。

 しかし、野党はなにもしていないと主張した。そして、大統領選を勝ち抜いたら、共同提案国になって北朝鮮のために最善を尽くすそうだ。

 南北対話や人権アジェンダ(予定表でいいんじゃないか、この横文字好きめ! )を行う。それこそが北朝鮮が日の当たる場所に出てこれること(北朝鮮でも、お日様だけは平等にあたっているんじゃないだろうか)。

 「文大統領は、北朝鮮人権に暗黒期を作った」張本人だと主張する。そうかな、韓国国民の人権がないがしろにされた気もするんだけど。辞める人に口なしなのか。