スクウェアには「アヤ・ブレア」というセクシーな女性がいた ─ 「プレステクラシック」に収録される懐かしの『パラサイト・イヴ』特集

スクウェアには「アヤ・ブレア」というセクシーな女性がいた ─ 「プレステクラシック」に収録される懐かしの『パラサイト・イヴ』特集
スクウェアには「アヤ・ブレア」というセクシーな女性がいた ─ 「プレステクラシック」に収録される懐かしの『パラサイト・イヴ』特集
プレイステーションクラシック」に収録されるタイトルの中で忘れてならないのが『パラサイト・イヴ』です。だいぶ昔のゲームなので若い人にはピンと来ないかもしれませんが、当時はスクウェア(現:スクウェア・エニックス)の注目タイトルと言えるものでした。

『パラサイト・イヴ』の舞台はニューヨーク。主人公の女性警察官である「アヤ・ブレア」は人体自然発火現象と、その中でなぜか自分だけが発火しないという謎を追いかけることになります。瀬名秀明氏の同名小説が原作で、ミトコンドリアの反逆が大きなテーマとなっています。

■関連記事
・「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう
https://www.inside-games.jp/article/2018/10/30/118398.html

◆アクションでもTPSでもなくRPGなゲームシステム
アヤは警官なのでさまざまな銃を使って敵と戦うわけですが、となると本作のジャンルは何になるのでしょうか。銃を撃つからTPS? いや時代的に難しいからアクション? 正解は、コマンド選択式RPGです。

確かに本作は敵の攻撃を避けたりするアクション要素もあるのですが、銃を撃ったりアイテムを使うのはコマンドで行います。プレイステーションの時代はまだFPSやTPSに関する馴染みも薄かったので、こういうジャンルにするのが妥当だったのでしょう。

武器の種類によって射程が決まっていたり、あるいは発射速度・硬直などがあるのも特徴。ハンドガンやアサルトライフル、グレネードランチャーやマシンガンなど、いろいろな銃器が出てくる作品でした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2018年10月31日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。