障害者に希望を授ける新たな医療系アプリの可能性とは? ゲーム開発者と障害者ライターが語る魂の10000字対談

障害者に希望を授ける新たな医療系アプリの可能性とは? ゲーム開発者と障害者ライターが語る魂の10000字対談
障害者に希望を授ける新たな医療系アプリの可能性とは? ゲーム開発者と障害者ライターが語る魂の10000字対談
ソーシャルゲーム市場が踊り場を迎えています。

ゲーム内容のマンネリ化もさることながら、背景にあるのは少子高齢化に伴う人口減少。こうした中、AR技術を用いた医療系アプリの研究開発を進めているのがSol Entertainment(ソル エンタテインメント)という企業です。

ゲーム開発者ならではの知見をもとに、リハビリ用途への進出も模索するなど、より大きな市場の開拓を見据えています。もっとも、そのためには想定されるユーザーニーズの精査などが必要となります。

一方、昨年6月に突如として右足切断手術を実施し、周囲を驚かせたジャンクハンター吉田(吉田武)氏。ベテランのゲームライターだけでなく、映画の宣伝マン、交通ジャーナリストなどマルチに活躍。本年1月にはクラウドファンディングで調達した資金をもとに、映画『ロボコップ』の4K上映会も成功させました。4ヶ月の入院生活や車椅子生活を通して視野が広がったという吉田氏は、4月の統一地方選挙に関心を高めています。障害者に娯楽や希望を与える社会の実現が目標です。

ゲームの可能性を医療や福祉領域にも拡大させたい神江氏と、障害者×娯楽を掲げる吉田氏。ARによってゲーム体験を拡張できるという神江氏のアイディアは?そして右足を切断して義足歩行者となった吉田氏にとって、リハビリゲームはどのような意味を持つのか?二人の対談は止めどなく続き、3時間以上の長丁場に。対談原稿はかなり刈り込んでいますが、それでも10000字をゆうに越える始末。両者の熱い対談をお届けします。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2019年4月4日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。