『世界のアソビ大全51』一度は遊んでみたい世界のゲーム三選―「バックギャモン」「テキサスポーカー」「マンカラ」【特集】

『世界のアソビ大全51』一度は遊んでみたい世界のゲーム三選―「バックギャモン」「テキサスポーカー」「マンカラ」【特集】
『世界のアソビ大全51』(バックギャモン)
       
2020年6月5日、任天堂よりニンテンドースイッチ向けに発売された『世界のアソビ大全51』には、古今東西の定番ゲームが51個も収録されています。今回はその中から“一度は遊んでみたい世界のゲーム”というテーマで、3種類のゲームをピックアップしてご紹介します。

バックギャモン―運と戦略がモノを言う西洋すごろく
開始時の盤面。サイコロを振って矢印の方向に駒を進めていく。相手は反対方向に駒を進め、途中ですれ違う。
バックギャモンは2人で遊ぶボードゲームです。交互にサイコロを2個ずつ振り、出た目に従って駒を動かし、相手より先にすべての駒をゴールさせた方が勝利します。一見すると運任せのようですが、実はサイコロの目の確率を考えて駒を動かさないと勝てない高度な戦略ゲームです。

バックギャモンは海外で人気が高く、チェス、トランプ、ドミノと並んで“世界四大ゲーム”に数えられることもあります。バックギャモンのように交互にサイコロを振って盤上の駒を進めるゲームの歴史は古く、約5000年前の古代メソポタミアの遺跡からも同様のゲームが出土しています。

バックギャモンの名前の由来には二つの説があります。一つはウェールズ語の“小さい”と“戦い”に由来するという説。もう一つは、サクソン語の“後ろ”と“ゲーム”に由来するという説です。

古代メソポタミアの遺跡から出土した“ウル王朝のゲーム”
現代日本でこそ馴染みの薄いバックギャモンですが、日本に伝来したのは飛鳥時代で、“盤双六”(ばんすごろく)と呼ばれて流行しました。実は、現在正月に遊ばれているすごろくは、盤双六の影響を受けて発展した“絵双六”(えすごろく)なのです。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「任天堂 + 株価」のおすすめ記事

「任天堂 + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月12日のゲーム記事

キーワード一覧

  1. 任天堂 株価

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。