3gooは、王道RPG『アストリア アセンディング』の国内版を、ニンテンドースイッチ/PS5/PS4向けに2021年発売予定であると発表しました。

本作は、3月27日に行われたインディーゲームイベント「/twitchgaming Showcase: ID@Xbox」で発表されたものです。
開発スタッフには、『ファイナルファンタジー(以下、FF)XII』や『FFVIIリメイク』などのシナリオを手掛ける野島一成氏をはじめ、『FFXII』や『ベイグラントストーリー』などに携わった作曲家・崎元仁氏、さらにCyDesignation(吉田明彦氏、皆葉英夫氏)によるアートなど、一流クリエイター陣が参加。

ゲームファンに長年親しまれてきた王道RPGの醍醐味を踏襲したゲームシステムと、運命と犠牲がテーマとなる新たな物語をベースに、壮大な冒険の世界が描かれると言います。

混沌が迫りくる世界でプレイヤーは、8人の英雄で構成される戦隊「デミゴッド」を操作。5つの都市を舞台に、細部までこだわって調整されたターン制バトルを主軸とする冒険が繰り広げられます。

ボリュームについては、およそ30時間のプレイで全体の50%ほどになるとのこと。オリジナルのファンタジー世界をベースにしたトークンゲームを含む、様々なサイドクエストやミニゲームにも挑戦できると言います。


主な特徴
■壮大な物語過去を思い、未来のために戦おう。すべてを犠牲にしても、諦めてはいけない。『アストリア アセンディング』のストーリーは、『FFXII』や『FFVIIリメイク』でも知られる、野島一成氏が書き下ろしたシナリオをベースに展開します。

■生き生きとした世界贅沢な2Dアートで描かれた5つの都市、ダイナミックな気象システムで命を吹き込まれる表情豊かなオルカノンの世界を探索。

■忘れられないキャラクターたち幻想的な種族や多様なスキルを持ち、カスタマイズも可能な8人のプレイヤーキャラクターから選択し、自分のチームを編成可能。

■やりごたえのある戦闘システム革新的なフォーカスポイントシステムによるターン制バトルで、仲間と協力して世界を救おう。


■心に響くサウンド作曲家:崎元仁氏(代表作:『FFXII』や『戦場のヴァルキュリア』)による音楽と特殊効果音で、『アストリア アセンディング』は心躍る音楽と喜びに満ちています。

クリエイターインタビュービデオ

国内版『アストリア アセンディング』は2021年に発売予定。価格は未定です。なお、国内版ではゲーム内の音声がすべて日本語で収録されます(※英語とも変更可能)。