「はとバス」初の男性バスガイド誕生! でも、70年間ずうっと門戸は開放していたんですよ

バスガイドといえば女性のイメージが強いが、東京や横浜を中心に東日本で定期観光を行なっている「はとバス」に2019年4月、初めて2人の男性バスガイドが誕生した。

現在、新人研修の真っ最中で、早ければ今年(2019年)4月末にデビューを果たす。J-CASTニュース会社ウォッチ編集部では2人に、女性ばかりの職場に挑戦する意気込みを聞いた。

「おもてなし」と「優しさ」がバスガイドのココロ

2人は、東京都出身の三國蘭(みくに・らん)さん(18)と長崎県出身の松尾龍治さん(18)だ。1948年に創業した「はとバス」70年の歴史の中で、初の男性バスガイドとなる。ほかの24人の女性とともに今年4月入社の採用試験に合格した。

はとバスのバスガイドは、70年間ずっと女性だけだったわけだから、「女性に限る」という募集条件がついていたのかと思いきや、同社広報室の峰岸智美さんは、こう説明する。

「もともと採用条件には『男女を問わず』とあり、男性にも門戸は開かれていたのです。実際、過去に数名応募された男性がいましたが、合格基準に達しなかったため、採用に至りませんでした。今回は、あくまで2人の男性受験者が初めて選考基準をクリアしたということです」

つまり、これまでも「女性だから」「男性だから」という選考はしてこなかったというのだ。では、そのバスガイド選考基準で、特に重視されるものとは何か。峰岸さんは、

「おもてなしの心を持ってお客さまを迎えることを大切にしております。また、接客中にその場その場で判断する、優しさも重視しています。採用担当者から、三國と松尾からは優しさがにじみ出ていたという話を聞いています」

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。