2021年の世界経済成長率は6% IMF、ワクチン効果で上方修正

国際通貨基金(IMF)は、2021年の世界の経済成長率見通しを6.0%とし、前回1月に公表した世界成長率予測の5.5%から上方修正した。

前例のない新型コロナウイルスの感染拡大の影響で傷めつけられた経済が新しい社会スタイルに適応しはじめていることや、ワクチン接種効果による景気回復期待が材料になった。しかし、先進国と途上国とで、経済回復における格差拡大の可能性があり、警戒を促している。

追加財政支援とワクチン効果

2021年4月6日にIMFが明らかにした最新の世界経済見通しによると、コロナ禍に、ほとんど成す術がなかった2020年の世界全体の経済成長率はマイナス3.3%と第二次大戦後、最悪となるペースに落ち込んだ。

地域別にみても、軒並みマイナス成長で、日本はマイナス4.8%、米国マイナス3.5%、EUのユーロ圏はマイナス6.6%。中国は回復が速く2.3%のプラス成長だった。

コロナ禍による景気後退の影響は、各国の財政出動によって2008年のリーマン・ショックの時よりも抑えられる見通しとされている。

前年と比べると、2021年の見通しは明るい。IMFは1月に出した予測でも前回(20年10月)から0.3ポイント上方修正しており、今回で2回連続。

20年4月の世界経済見通しでは、21年の世界経済は5.8%成長すると予想。その後、6月に5.4%に下方修正。10月には5.2%へと、さらに下方修正を繰り返すなど不透明感がつきまとっていた。最新予測のどおり6%成長を達成すれば、この40年余りでは最大の伸びになる。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。