4月9日、晴れて筑波大学附属高校に入学された秋篠宮家の長男・悠仁さま。当日はお一人で取材に応じられ、高校生活の抱負について次のように述べられた。

「学業に励みながら、興味を持っていることや関心を持っていることをさらに深めていきたいと思います。また、諸行事などの学校生活も楽しんでいきたいと思います」

本校は私服通学のため、悠仁さまは濃紺のスーツ姿で入学式に臨まれた。記者から「新しい制服はいかがですか?」と問われると、はにかみながら「あっ、スーツなんですけど……」と訂正される場面もあった。

秋篠宮ご夫妻は悠仁さまより1時間ほど後に到着され、入学式にご出席。式が終わるとご夫妻だけで帰路につかれ、悠仁さまは正門からお一人で出てこられた。沿道からの「入学おめでとうございます」の声に、微笑みながら会釈されていた。

新学期もすでに始まり、悠仁さまが徒歩で通学される姿もキャッチされている。

「悠仁さまは、濃紺のパーカーにリュックというシンプルな服装で通学されていました。自由な校風で知られる筑附ですが、スポーツも盛んなことで有名。悠仁さまもいくつかの運動部を見学されたそうです」(皇室ジャーナリスト)

期待に胸を膨らませ、新たな学び舎の門をくぐられた悠仁さま。そんな初々しい高校生時代は、愛子さま、眞子さん、佳子さまにもあった。それぞれ入学当時の写真とともに、振り返りたい。

■愛子さま 高校2年生時に英国留学へ!

愛子さまが学習院女子高等科に入学されたのは、’17年4月のこと。新しい制服に身を包み、肩くらいまであった髪の毛をハーフアップにしてご出席された。