台湾、輸入症例新たに3人 陰性証明所持して入国、隔離中に発症

台湾、輸入症例新たに3人  陰性証明所持して入国、隔離中に発症
(台北中央社)中央感染症指揮センターは3日、新型コロナウイルスの輸入症例を新たに3人確認したと発表した。それぞれ、カナダ留学をしていた20代の台湾人男性、米国から帰国した50代の台湾人女性、仕事で訪台した40代のポーランド人男性。全員が陰性証明を所持しており、入国時は無症状だったが、隔離期間中に疑わしい症状が出て検査を受けていた。

3日現在、台湾内の感染者は累計958人で、このうち842人が海外から持ち込まれた輸入症例。死者は9人。926人は隔離解除された。

(張茗喧、呉欣紜/編集:塚越西穂)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月3日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。