右利き、左利きを決めるのは何か? その秘密は脳ではなく、脊椎にあった(ドイツ研究)

       
右利き、左利きを決めるのは何か? その秘密は脳ではなく、脊椎にあった(ドイツ研究)

利き手が生じる理由は脊椎にあった? /iStock
 世の中には右利きの人と左利きの人がいる。その割合は世界全体でみると、50万年以上前から左利きが約10%、残りが右利きで、矯正しない状態であれば、10人に1人が左利きということになる。

 そもそも人間には2本の手がある。にもかかわらず「利き手」があるというのも不思議な話だ(ごく稀に両利きの人もいるようだが)

 どのようなメカニズムで、どちらかの手が優先して使われるようになったのだろう?脳や神経レベルで生まれつき決まっているものなのか?それとも経験によって使いやすい手の好みができるからなのか?

 『eLife』に掲載された研究では、脳や神経学的な発達とはまったく無関係であると解説している。それによると、意外にも利き腕を決めているのは脊椎なのだそうだ。
【胎児の脊椎で検出された遺伝子活動の非対称性】

 ルール大学ボーフム(ドイツ)をはじめとする研究チームが調査したのは、まだお腹の中にいる妊娠8週から12週の赤ちゃんだ。

 従来の説では、脳の左半球と右半球のどちらの遺伝子活動が活発になるかで利き腕が決まると推定されていた。

 しかし発達する胎児の脊椎で生じる遺伝子の発現を観察したところ、これまで知られていなかった非対称性が見つかったというのだ。

 そうした脊椎での活動は、「運動皮質」という脳の前頭葉の一部で、意図的な筋肉の運動を制御する領域が脊椎とつながるずっと前にすでに始まっている。
カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月26日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。