あらん限りの口汚い言葉で悪態をつく動物公園のヨウム、子供に悪影響が出ると一般公開中止に(イギリス)

       
あらん限りの口汚い言葉で悪態をつく動物公園のヨウム、子供に悪影響が出ると一般公開中止に(イギリス)

口汚い言葉で悪態をつくヨウムが一般公開中止に image credit:Lincolnshire Wildlife Park/Facebook
 とても知能が高く、人の言葉をよく覚えることで知られている大型インコ、ヨウムだが、その賢さが仇となってしまったようだ。

 イギリス、リンカンシャー州にあるワイルドライフパークに8月にやって来たばかりの5羽のヨウムだが、一般公開されるもすぐに裏に隔離となってしまった。

 5羽は来園客や飼育員らにFワードなど、あらん限りの口汚い罵りの言葉を浴びせていたようだ。『Lincolnshire Live』などが伝えている。
【5羽の新入りヨウム、Fワード連発】

 イギリス最大の動物保護区のひとつとして知られているリンカンシャー州の野生動物公園『リンカンシャー・ワイルドライフ・パーク(Lincolnshire Wildlife Park)』には様々な動物が飼育されているが、中でも鳥の保護に力を入れており、園内に2003年にオープンしたフリスクニー・パークでは約2000羽以上ものオウムを含めた鳥類が飼育されている。

 ここに、今年8月15日に5羽のヨウムがやって来た。5羽の飼い主はそれぞれ異なっていたが偶然にも受け入れる時期が同時であり、園側は検疫のためにこの5羽を一緒の囲いで飼育していた。

 しかし、5羽のうちの数羽が卑猥な言葉や罵りの言葉を発し、他のヨウムも真似るようになった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月3日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。