アメリカでチップが重要な理由。あるバーテンターの女性が給与明細をSNSでシェア

アメリカでチップが重要な理由。あるバーテンターの女性が給与明細をSNSでシェア

photo by iStock
 欧米ではレストランやバー、ホテルやヘアサロン、デリバリー、タクシーなど、何らかのサービスを受けた時にチップ(謝礼)を支払う文化がある。

 特にアメリカではチップは必須である。あらかじめチップの収入を見込んで、労働者らの基本賃金が驚くほど低く定められているからだ。どれくらい基本賃金が抑えられているのか?あるバーテンダー女性が給与明細を明かしてくれた。
【給与明細を明かしてくれたアメリカのバーテンダー女性】

 テキサス州でバーテンダーとして働いているアリーヤ・コルテスさんは、去年1月にTikTokで「チップの重要性」をシェアした。

@f.aa.ded

PSA ##psa ##fyp ##foryou ##bartender ##server ##work ##tips ##chooseone ##CleanFreshHype ##photography101 ##hardwork ##viral

♬ original sound - bronte

 コルテスさんは、バーで1か月間働いた分の給料明細の詳細をシェア。そこには、驚くべき数字が並んでいた。

【約70時間の労働に対する基本給は9.28ドル】

 コルテスさんは、月全体で70.8時間労働したにもかかわらず、実際に支払われた金額は9.28ドル(約1017円)となっている。時給にすると14円だ。

 とは言え、その手取り金額からは、税金や社会保障、メディケアなどへの支払いが差し引かれている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク