民家のドアの前にうずくまっていた謎生物の正体が判明

民家のドアの前にうずくまっていた謎生物の正体が判明
image credit:Wildlife Works-Mount Pleasant/Facebook

 アメリカのペンシルベニア州の民家の地下室のドアの前で、謎生物がうずくまっていた。ほとんど体毛がなく、犬のようにも見える。

 住人は当局に連絡し、救助を求めた。このニュースはアメリカでちょっとした話題になり、生物の正体について様々な憶測が出たが、血液サンプルを採取して、DNA検査を行ったところその正体が判明した。

 だが、検査の結果が出る間に治療を施していたところ、その動物は逃げてしまったという。

[動画を見る]

Mystery Animal Rescued In Pennsylvania体毛の抜け落ちた謎の生物が民家で発見される 1月17日の週初め、ペンシルベニア州フェアフィールド・タウンシップに住むクリスティーナ・イースさんは、自宅のドア前に動物の足跡がついているのを発見し、家の周りを追跡した。

 すると、地下室のドアの外に、体毛がほとんど抜け落ちた、イヌ科のような謎の生物がうずくまっていた。

 イースさんは、その生物がとても怯え、寒さで震えていることに気付き、助けてあげたいと思い、元の動物保護施設『Tj’s Rescue Hideaway』へと連絡した。

 事情を聞いた同施設は、その後野生生物救済団体『Wildlife Works Mount Pleasant』へと連絡。担当者がクリスティーナさんの自宅へ駆け付けた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク