加計学園獣医学部が入試で韓国人受験生を全員0点にする国籍差別! 前川喜平元文科次官は「事実なら私学助成を打ち切るべき」

加計学園獣医学部が入試で韓国人受験生を全員0点にする国籍差別! 前川喜平元文科次官は「事実なら私学助成を打ち切るべき」
拡大する(全1枚)
加計学園HPより


「人獣共通感染症対策」を大義名分に安倍首相がゴリ押しで認可したにも関わらず、政府が新型コロナの調査研究を指示した9大学に含まれなかった加計学園の岡山理科大学獣医学部。あらためてそのインチキぶりが明らかになったわけだが、今度はその入試で国籍差別の不正疑惑がもちあがった。安倍首相の不正介入で新設された岡山理科大学獣医学部の2020年度入試において、意図的に韓国人を全員不合格にしていたというのだ。

 この疑惑を報じたのは、本日発売の「週刊文春」(文藝春秋)。加計学園の幹部職員が、昨年2019年11月16日に実施された推薦入試(A方式)で、韓国人受験生8名を全員0点にして不合格にしたことを告発しているのだ。

 岡山理科大の「入学試験要項」によると、このA方式(スタンダード型)は「出身高等学校の調査書(50点)」「基礎的な試問(80分2科目、各50点)」「面接(50点)」の合計200点満点の試験だと記載されている。だが、告発した加計学園幹部職員は、韓国人受験生8名は全員が面接の点数が0点だったとし、その証拠となる合否結果が記された内部文書も「週刊文春」に提供している。

 そして、掲載された文書を確認すると、たしかに「外国」受験者8名は全員「面接」の点数では0が並んでいる。しかも、なかには数学と英語の2科目の試験で46点と47点(合計93点)と満点に近い結果を出している受験生もいる。一方、合格ラインは138点だったといい、外国人受験生の評定平均値は一律35点で揃えられているというから、この受験生の場合、面接で10点でもとっていれば合格ラインにあったのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

リテラの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク