<東京五輪人事は国辱>開会式担当・小林賢太郎解任は当然

<東京五輪人事は国辱>開会式担当・小林賢太郎解任は当然
拡大する(全1枚)
藤本貴之[東洋大学 教授・博士(学術)/メディア学者]

***

東京オリンピック・パラリンピック開会式の演出担当者である、小林賢太郎氏が90年代に発表した自身のお笑いコンビ・ラーメンズのネタ映像の中で、ユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を揶揄したものが見つかり、ユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が7月21日に抗議声明を出し問題化、7月22日には小林の解任が大会組織委員会関係者により明らかにされた。
<東京五輪人事は国辱>開会式担当・小林賢太郎解任は当然の画像はこちら >>
国際問題にも発展しかねない案件だけに、開会式前日ではあるが、東京五輪組織委員会にしては、異例の迅速行動であると言える。佐野研二郎、佐々木宏、小山田圭吾、のぶみに続き、「脛の傷」が暴かれてしまった五輪クリエイター辞任問題第5弾、という形だ。

ラーメンズといえば、90年代にサブカル色の強いお笑いコンビとして、「どちらかといえばシュールでオシャレ」なポジションにあったユニットである。その意味では、渋谷系の代名詞としてサブカルオシャレを牽引した小山田圭吾ともキャスティングコンセプトが重なる。

当該のユダヤ人虐殺を揶揄したとされる動画はいくらでもネットで言及されているので詳細は省くが、ネタ自体は「ユダヤ人大量惨殺」をメインのテーマにしているわけではなく、ネタの本筋の流れの途中でセリフとして一部「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」という件がある、というものだ。

日本人からしてみれば、「なんだ、ネタのメインではなく、セリフの一部として利用しただけで、たいしたことないじゃないか。」と思うかもしれない。しかし、国際的な人権感覚や常識から見れば、決してそんな悠長なものではない。そういう発想は国際的な常識からは、冗談でも思ったり、言ってはいけない著しく人権意識に欠いたものだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

メディアゴンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「佐野研二郎」に関する記事

「佐野研二郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「佐野研二郎」の記事

次に読みたい「佐野研二郎」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク