気鋭の映像作家・植野有子氏が シンガーソングライター・AKRM(仮)のワールドデビューMVを制作! 半密着レポート #01

気鋭の映像作家・植野有子氏が シンガーソングライター・AKRM(仮)のワールドデビューMVを制作! 半密着レポート #01
拡大する(全3枚)
個人的な嗜好を強く持つアーティストと映像作家が出会った

2021年9月16日、都下・多摩地区のとある川沿いである曲のMV撮影が行われた。活動歴10年を超えるシンガーソングライター・AKRM(仮)のワールドワイドデビュー曲[Dead In A Hundred Years]だ。

演出は、気鋭の映像作家・植野有子氏。プロデュースは、有名企業のCM・メジャーアーティストのMV等を多数手掛ける映像制作プロダクション (株)TYOの藤原拓海氏が務める。
「2020年に発売されたアルバムをSNSで拝見しまして、そのアルバムが内容もジャケットもとても素敵でしたので、是非一度、仕事でご一緒してみたいと思いご連絡しました。彼女の個性として、個人的な嗜好を強くお持ちだと感じましたので、同じく“個人的な嗜好”を強く持つ方と思い、植野監督に演出をお願いしました」(藤原氏)

気鋭の映像作家・植野有子氏が シンガーソングライター・AKR...の画像はこちら >>
撮影中の植野有子監督(手前)

日本国内では、トイ・ハンマーを手に男に翻弄される女心を歌う軽妙なテクノ・ポップ「Whac-A-Mole Song」が人気のAKRM(仮)。だが、なぜ、いま世界デビューなのか。
「もともと2020年に参加を予定していた、フランスで開催されるJAPAN EXPO用にフランス語曲の配信を企画していました。しかしコロナ禍でJAPAN EXPOが延期に。そんな中、ソロ用とは別に作っていたこの曲が、思いがけず今を生きる全人類への普遍的なテーマになっていることに気が付き、英語でリリースすることにしたのです」(スタッフ)


この記事の画像

「気鋭の映像作家・植野有子氏が シンガーソングライター・AKRM(仮)のワールドデビューMVを制作! 半密着レポート #01」の画像1 「気鋭の映像作家・植野有子氏が シンガーソングライター・AKRM(仮)のワールドデビューMVを制作! 半密着レポート #01」の画像2 「気鋭の映像作家・植野有子氏が シンガーソングライター・AKRM(仮)のワールドデビューMVを制作! 半密着レポート #01」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

もぐもぐニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「仕事」に関する記事

「仕事」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「仕事」の記事

次に読みたい「仕事」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク