『ONE PIECE』第966話で黒ひげの“ある伏線”を回収! ケルベロス説もより濃厚に?

『ONE PIECE』第966話で黒ひげの“ある伏線”を回収! ケルベロス説もより濃厚に?
拡大する(全1枚)

今まで数々の伏線を張り巡らせてきた『ONE PIECE』。たとえば黒ひげ海賊団の船長、マーシャル・D・ティーチの正体についても様々な伏線がありますが、最近その中の“ある伏線”が回収されたようです。

昨年末に発売された『週刊少年ジャンプ』4・5合併号(集英社)では、ロジャーと白ひげの激闘を掲載。ネット上で様々な反響が相次ぐ一方で、ファンの注目はバギーとシャンクスの“ある会話”に集まっており、各所で大きな話題となっています。

※本記事はネタバレを含みます。未読の方はご注意ください!

『ONE PIECE』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

『ONE PIECE』第966話で黒ひげの“ある伏線”を回収...の画像はこちら >>
『ONE PIECE』|時は大海賊時代。いまや伝説の海賊王G・ロジャーの遺した『ひとつなぎの大秘宝』を巡って、幾人もの海賊達が戦っていた。そんな海賊に憧れる少年ルフィは、海賊王目指して大いなる旅に出る!!

黒ひげが“人の倍生きている”理由が明らかに!?

マーシャル・D・ティーチ、通称「黒ひげ」といえば、ヤミヤミの実とグラグラの実の能力者。

“2種類以上の悪魔の実を食べることができない”といわれているにも関わらず、何故か黒ひげは2つの能力を保持しています。その理由については以前白ひげ海賊団の一員・マルコが「体の構造が“異形”」と説明していましたが、詳細は未だ謎のまま。同じく白ひげ海賊団のエースも「(黒ひげは)人の倍の人生を歩んでる」と意味深な発言をするものの、“なぜ”という部分には言及していませんでした。

そんな中『週刊少年ジャンプ』4・5合併号掲載の第966話にて、“人の倍の人生を歩んでる”の意味を示唆していると思われる描写が。

問題のシーンは、若き日のバギー&シャンクスのある会話。バギーが黒ひげについて「生まれてこの方1度も眠った事がねェんだとよ」と発言すると、シャンクスは「いいなー」「人生“倍”楽しいのかな」と返答したのです。

当時の記事を読む

numanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク