渋谷系を楽しむ「元ネタ探し」 映画や文学の名作へのオマージュ

渋谷系を楽しむ「元ネタ探し」 映画や文学の名作へのオマージュ
『ケトル VOL.48』(渋谷系特集号 太田出版)
1990年代を席巻した「渋谷系」において大きな意味を持つのが、名作へのオマージュ。フリッパーズ・ギターの『恋とマシンガン』がイタリア映画『黄金の七人』(1965年)のテーマ曲のサンプリングであるように、既存の楽曲を用いつつ新たな楽曲を作ることは、渋谷系音楽によくある手法でした。

しかも元ネタが明らかに分かる形でリリースするのが渋谷系的オマージュの流儀。例えば、ピチカート・ファイヴのミュージックビデオの冒頭には、元ネタに関連するであろう人物の名が明記されます。「スイート・ソウル・レビュー」では作曲家ヘンリー・マンシーニと、フランス女優、ミレーユ・ダルクの名が。ボーカル・野宮真貴さんのファッションは、ミレーユに通じるものがあります。

またヒッチハイクをモチーフにしたMV「メッセージ・ソング」では映画『ファイブ・イージー・ピーセス』の監督&俳優コンビ「ボブ・ラフェルソンとジャック・ニコルソンに捧ぐ」。このようなヒントをもとに、元ネタと楽曲の関係を暴いていく面白さは、渋谷系音楽の魅力の一つです。

この元ネタを分かりやすくサンプリングする手法は、1990年代に音楽以外の分野でも登場します。ラッパーや小説家として活躍するいとうせいこうさんは、1991年の小説『ワールズ・エンド・ガーデン』でオイディプス、カスパール・ハウザー、マクベスなどを構成に用いたことを公表。一方、岩井俊二さんは映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』(1995年)で、相米慎二さん監督作『台風クラブ』(1985年)への明確なオマージュ表現を用います。

あわせて読みたい

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る 2019年5月26日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。