ゴジラ60年の歴史を振り返る 第2回(全7回)

ゴジラ60年の歴史を振り返る 第2回(全7回)
ゴジラ60年の歴史を振り返る 第2回(全7回)

第1回の続きです。

【第6章・・・怪獣ブームの胎動】

 1962年に東宝は怪獣が登場する映画を2本公開しました。 まずは『妖星ゴラス』(本篇監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二、音楽・石井歓)。地球の六千倍の質量を持つゴラスという矮星が地球に衝突することが確実となったため、南極にロケット噴射口を建造して地球の軌道を変え、ゴラスから逃げるという、驚きの発想が繰り広げられる作品です。南極の基地のミニチュアセットは実に精密で広大。後半には、セイウチの怪獣マグマが登場しました。

 そしてもう1本が東宝創立30周年記念映画『キングコング対ゴジラ』(本篇監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二、音楽・伊福部昭)です。『ゴジラの逆襲』のラストで氷山に生き埋めにされた2代目ゴジラが7年ぶりに氷山から出現。アメリカ怪獣界の大物・キングコングと対決する話題作で、観客動員数1255万人を記録しました。これは日本の特撮映画史上第2位の記録です(1位は『明治天皇と日露大戦争』)。本作は日米2大怪獣の対決を主軸に据えた構成になっており、エンターテインメントに徹しているのが特徴です。まさにキングコング対ゴジラの戦いを堪能するための作品なのです。

 また昭和30年代の東宝は社長シリーズというサラリーマン喜劇映画をヒットさせており、『キングコング対ゴジラ』と同じ年にはサラリーマン喜劇映画『ニッポン無責任時代』を公開していました。『キングコング対ゴジラ』もサラリーマン喜劇映画の様相を呈しており、当時の東宝映画の特徴の1つを堪能できる作品となっています。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月10日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。