シュワルツェネッガー、コミコンに降臨「僕は『ターミネーター』中毒なんだ」

シュワルツェネッガー、コミコンに降臨「僕は『ターミネーター』中毒なんだ」
拡大する(全1枚)
ジェームズ・キャメロンアーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトンが約30年ぶりに再集結したことでも話題の『ターミネーター』シリーズ最新作、『ターミネーター:ニュー・フェイト』。そのキャストらが、米サンディエゴで開催されたポップカルチャーの祭典「コミコン・インターナショナル」に登壇した。

約6500人を収容できる最大の会場・ホールHで行われたこの日のプレゼンテーションには、オープニングから今回プロデューサーに復帰したキャメロンが中継でサプライズ出演。ニュージーランドの『アバター』シリーズの撮影現場からライブストリーミングでファンたちに呼びかけると、会場は一気に興奮状態に。キャメロンは今回の復帰にあたって、「僕にはどうしても叶えたいことがあった。アーノルドとリンダ・ハミルトンの復帰だ。人々がT-800とサラ・コナーをとても愛し、彼らが今どうしているのか知りたがっている。僕たちは、これまで誰も見たことがない素晴らしいものを描くことができたと思うよ」と、本作への自信をのぞかせた。

さらに、『エクスペンダブルズ2』以来、約6年ぶりのコミコンへの参加となるT-800役のシュワルツェネッガーをはじめ、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトン、未来から送り込まれた謎の戦士グレース役のマッケンジー・デイヴィス、地球の命運を握る女性ダニー・ラモス役のナタリア・レイエス、その弟のディエゴ・ボネータ、ダニーを抹殺するために未来からやってきた最強の新型ターミネーター Rev-9役のガブリエル・ルナ、そして監督のティム・ミラーが登場すると、会場からは大きな拍手と歓声が沸き起こった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ターミネーター」に関する記事

「ターミネーター」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ターミネーター」の記事

次に読みたい「ターミネーター」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク