BTS所属事務所、IPOによりメンバーが株式約113億円を保有し億万長者に

BTS所属事務所、IPOによりメンバーが株式約113億円を保有し億万長者に
       
BTS(防弾少年団)が、所属事務所ビッグ・ヒット・エンターテイメントの新規株式公開(IPO)によって手に入れた収益が多いか少ないかはさておき、他の大手音楽会社の所属アーティストが夢にも思わないほどの金額であることは間違いない。

大人気K-POPグループ・BTS(防弾少年団)の所属事務所であるビッグ・ヒット・エンターテイメント(以下、ビッグヒット)は、10月15日に株式の一部を韓国株式市場に売り出した。1株でもいいからBTS株を購入したいと考える熱狂的なファンによって株式購入需要が跳ね上がった結果、ビッグヒットの株価は、開始と同時に1株=235ドル(約2万5000円)という数値(1株=117ドルという株式公開価格の倍)を記録し、同社の時価総額は76億ドル(約7960億円)となった。

今回のIPOの数週間前、ビッグヒットはBTSの7人のメンバーに対し、計47万8695株の普通株を付与していた。そのため、同社の看板グループであるBTSは、15日には1億800万ドル(約113億円)相当の株式を手にする結果となった。メンバーひとり当たりが保有する株式の評価額は1540万ドル(約16億円)になる。その一方、同社の創業者であるパン・シヒョク代表が保有する株式の評価額は28億ドル(約2900億円)を超えた。

パン氏がビッグヒットの株式の36.6パーセントを保有しているのに対し、BTSの比率は1.4パーセントに過ぎないという点をめぐり、一部では議論が起きている。だが、BTSが録音された音楽に対する権利と所属事務所の株式を保有しているという事実そのものが珍しい。他の音楽会社は、なぜビッグヒットのように大物アーティストに株式という報酬を与えないのだろう? そして仮に与えるとしたら、提示するべき公平な金額はどのくらいになるのだろう?

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。