RADWIMPS feat.菅田将暉の主題歌流れる『キネマの神様』予告映像公開
拡大する(全1枚)
2021年8月6日公開の映画『キネマの神様』の最新予告編映像が2021年4月30日に公開された。

映画『キネマの神様』は、日本映画界を代表する山田洋次監督、人気小説家・原田マハ原作による松竹映画100周年を記念した作品。ダブル主演を務めるのは沢田研二と菅田将暉。さらに、宮本信子や永野芽郁、RADWIMPSの野田洋次郎も、菅田将暉演じるゴウの盟友テラシン役で出演している。

関連記事:菅田将暉インタビュー「自分にとって音楽は<やり残したもの>という感覚がある」


主題歌「うたかた歌」は、野田洋次郎と菅田将暉が力強く歌い上げるノスタルジックなメロディーが印象的な楽曲で、劇中のゴウとテラシンの役柄に合わせて歌い分けされている。本楽曲は、撮影が終わった際に野田洋次郎が感謝の気持ちを込めて山田洋次監督にデモ音源を贈ったのが始まり。主題歌として意識して制作した楽曲ではなかったが、野田からデモを受け取った映画のプロデューサーが曲に感銘を受け、「過去と現代、現実と虚構、そして天国を繋ぐこの特別な曲を、ゴウとテラシンを演じた菅田さんと野田さんに歌ってもらい、主題歌とすることで映画が完成すると確信した」と、この曲が映画の主題歌に決定した。

野田洋次郎は「特に志村さんが亡くなったこともあり、それは一つ香りとして残したいと思いましたし、僕たちが通ってきた感情みたいなものを歌詞で残しておきたい。あの世界が音としてもこの世にずっと残っていってほしい」」とコメントし、作品への愛情とリスペクトも滲ませている。