RADWIMPSが目指す2021年の「共体験」とは?
拡大する(全4枚)
RADWIMPSが未来の体験を社会実装するクリエイティブ集団PARTYとコラボレーションしたバーチャルライブ「SHIN SEKAI”nowhere”」を7月16日、17日、18日の3日間にわたり開催。それに先駆けて、「SHIN SEKAI」先行プレイ体験会が7月12日に渋谷のWHITE CINE QUINTOで実施され、RADWIMPSとPARTYのメンバーによるトークセッションも行われた。

【画像を見る】仮想空間に広がるRADWIMPSの楽曲世界

「SHIN SEKAI」とは、RADWIMPSの楽曲世界の主人公になるバーチャルライブ・エクスペリエンスであり、「ROLE-PLAING MUSIC」をコンセプトに、参加者一人ひとりがRADWIMPSの楽曲世界の主人公(アバター)となって行動し、世界中の人々ともに楽しむことのできる新たな音楽体験。スマホで専用アプリをダウンロードすることで誰もが参加可能で、アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど、世界40以上の国と地域に配信される。

このバーチャルライブを開催するにあたって、RADWIMPSはPARTYが開発したバーチャルパークシステム「VARP」を採用。コロナ禍によってこれまで同様のライブ活動が制限される中、昨年から「フォートナイト」をはじめとするオンラインゲームの中での音楽イベントも増えたが、「VARP」はいわばその世界を独自に作り上げることができるシステム。昨年の夏にはkZmのバーチャルライブ「VIRTUAL DISTORTION」がVARPを使って開催され、そこにはkZmとコラボレーションをしている

この記事の画像

「RADWIMPSが目指す2021年の「共体験」とは?」の画像1 「RADWIMPSが目指す2021年の「共体験」とは?」の画像2 「RADWIMPSが目指す2021年の「共体験」とは?」の画像3 「RADWIMPSが目指す2021年の「共体験」とは?」の画像4