西岡恭蔵とKURO、世界旅行をしながら生み出した楽曲をたどる

西岡恭蔵とKURO、世界旅行をしながら生み出した楽曲をたどる
拡大する(全3枚)
日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2022年1月の特集は「西岡恭蔵」。2021年11月、小学館から書籍『プカプカ 西岡恭蔵伝』という長編伝記が発売された。その著者、ノンフィクション作家・中部博を迎え、今年ソロデビュー50周年を迎える西岡恭蔵の軌跡をたどる。パート3は、作詞家・KUROと西岡恭蔵夫妻の曲づくりの軌跡をたどっていく。

田家秀樹:こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人・田家秀樹です。今流れているのは西岡恭蔵さん「サーカスにはピエロが」。1972年7月発売、ソロの1枚目のアルバム『ディランにて』の中に入っておりました。恭蔵さんが生前最も大切にしたという1曲です。

関連記事:西岡恭蔵と細野晴臣の関係性、ノンフィクション作家・中部博とたどる

サーカスにはピエロが / 西岡恭蔵

田家:今週は、KUROさんと恭蔵さん夫婦の関係についてあらためて光を当ててみたいと思うんですけど、先週最後に紹介したアルバム『Yoh-Sollo』の話が出たときに中部さんが「いい加減にしろ」って言いたくなるぐらい仲の良さがにじみ出ているアルバムだったという話がありました(笑)。

中部:この2人は、一緒に生活をして子どもに恵まれて……ということがあるんですけど、KUROさんが作詞を始めるんですよね。いろいろな人に詞を提供するようになっていくんですけど、2人で詞を作るようになっていく。それで大儲けしちゃうんです。なぜかと言うと、

この記事の画像

「西岡恭蔵とKURO、世界旅行をしながら生み出した楽曲をたどる」の画像1 「西岡恭蔵とKURO、世界旅行をしながら生み出した楽曲をたどる」の画像2 「西岡恭蔵とKURO、世界旅行をしながら生み出した楽曲をたどる」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク