深セン証券取引所の創業板への上場を目指している、南京騰亜精工科技(301125/深セン)が5月25日、新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。1810万株を発行予定で、公募価格は22.49元。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。
 
 同社は2000年設立の民営企業で、19年に株式会社化した。釘打ち器具および建築用金属製品の研究開発、生産、販売を主業務としており、釘打ち器具の主力製品はガス釘打ち機および釘、ガスボンベで、自社ブランド製品で中国国内市場シェアを獲得するとともに、釘打ち機用の釘およびガスボンベはODM形式にて欧州市場で販売されている。また、新世代の電動釘打ち機として、リチウムイオン電池電動釘打ち機の開発も手掛ける。20年におけるガス釘打ち機の世界市場シェアは9.57%、ガスボンベは2.33%となっている。
 
 世界のガス釘打ち機市場規模は2019年に1億7000万米ドルに達し、25年には1億8500万ドルと穏やかに増加する見込みだ。また、電動釘打ち機市場規模は19年の7億7800万ドルから25年には9億600万ドルにまで成長するとみられている。特に、中国ではガス釘打ち機の導入時期が遅かったため、世界平均を上回るペースで市場規模の拡大が見込める。
 
 建築用金属製品の主要製品はダクト、点検用パネル、サポートアングルなどで、主に日本の家屋に特化した製品をODM形式にて生産し、日本の複数のホームセンターに提供しているほか、日本の大手建築会社のサプライチェーンにも採用されている。2019年における日本の住宅向け通気口市場シェアは23.86%、点検用パネルは20.69%、サポートアングルは4.16%。