総額4000万円超――「唯一神・又吉イエス」の選挙資金は普天間基地の地代だった

総額4000万円超――「唯一神・又吉イエス」の選挙資金は普天間基地の地代だった
2003年以降、衆参すべての国政選挙に出馬するなど、立候補は生涯で17回。没収された供託金は総額4000万円以上。又吉氏は本気で当選を目指し続けていた

2003年以降、衆参すべての国政選挙に出馬するなど、立候補は生涯で17回。没収された供託金は総額4000万円以上。又吉氏は本気で当選を目指し続けていた

自称したのは「唯一神」。記者の取材に何度も「私以外に神はいません!」と力強く語り続けた政治活動家・又吉イエス氏(本名・又吉光雄)が7月20日に亡くなった。享年74。逝去から3日後の7月23日、又吉氏が代表を務めていた政治団体・世界経済共同体党の公式サイトに「左腎がんのため逝去」との文言が掲載されたのだ。

「唯一神・又吉イエス」氏といえば、まず思い出されるのが、政見放送やポスター、街頭演説で繰り広げられた対立候補への過激な言動だ。

又吉氏はカメラや聴衆の前に立つと、独特の節回しの甲高い声で対立候補の実名を挙げ、「腹を切って死ぬべきである!」「地獄の火の中に投げ込むものである!」などと厳しい口調で訴え続けてきた。

沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の出身。中央大学商学部を卒業後、東京での会社員生活を経て地元の沖縄に戻り、学習塾の経営、牧師などを経て、1997年の宜野湾市長選に初めて立候補。政治キャリアのスタートは、得票数516票での落選という残念な結果に終わった。

それでも又吉氏は諦めなかった。初選挙の後は、2度の県知事選を含め沖縄県内の選挙に6回挑戦。いずれも落選して供託金を没収されると、2003年からは政治活動の拠点を東京へと移した。

そして同年以降に行なわれた国政選挙では、衆院選(東京1区)、参院選(東京都選挙区)に欠かさず立候補。生涯通算17回もの選挙に挑戦したが、一度も当選することなくこの世を去った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

週プレNewsの記事をもっと見る 2018年7月31日の政治記事
「総額4000万円超――「唯一神・又吉イエス」の選挙資金は普天間基地の地代だった」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    沖縄基地反対派は、もはや支那を中心とする海外工作員とパヨクとが結び付き反社会勢力・組織暴力化している。日当に相当する金品が支給され傭兵化のようだ。周辺道路で施設検問を繰り返し経済活動の妨害もしている。

    0
  • 仏様 通報

    どうして神様が死ぬの? 素朴な疑問です。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「参院選」のニュース

次に読みたい関連記事「参院選」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。