カナダ アルバータ州タニア・ファー大臣がベルクス草加谷塚店でカナダ産食肉の販売を視察

カナダ アルバータ州タニア・ファー大臣がベルクス草加谷塚店でカナダ産食肉の販売を視察

左からサンベルクス鈴木社長、タニア・ファー大臣、州政府在日事務所ディビッド・アンダーソン駐日代表

〈大手チェーンとの差別化に「美味しく高品質のカナダ産食肉を販売」/サンベルクス鈴木社長〉
カナダ・アルバータ州のタニア・ファー経済開発貿易・観光大臣が来日し、8日はサンベルクスのスーパーベルクス草加谷塚店を視察した。アンドレ・コーボールド次官、クリストファー・バーカー大臣主席補佐官、アルバータカノーラ生産者委員会のアンドレ・ハープ氏、アルバータ州政府在日事務所のディビッド・アンダーソン駐日代表が参加した。

カナダポークインターナショナルの野村昇司氏、カナダビーフ国際機構の鬼沢裕子氏が同行した。農水省からも生産局畜産部食肉鶏卵課の冨澤宗高食肉需給対策室長らが参加、サンベルクスからは鈴木秀夫代表取締役社長、志水光博精肉商品部長、葛西利男精肉商品部副部長が迎えた。

ベルクスでは、店舗入り口に「アルバータ州の協力で良い食肉がお買得になりました」と大きく張り出し、視察一行とお客さんを迎えた。店内では、カナダ産のビーフ・ポークの特設コーナーを設け、カナダビーフ肩ロースステーキを100gあたり159円(本体)、カナダポーク骨付きロースステーキ(サンテラ)100g当たり199円(同)、カナダポーク味付きカシラ肉(黒こしょう&レモンステーキ)を同99円(同)で販売した。試食したお客さんは、次々とカナダ産食肉を購入していた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る 2019年6月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。