飲食店の無断キャンセル対策はここまで進化していた!
拡大する(全5枚)

きょうは、いまだに後を絶たない「無断キャンセル」について、8月26日TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で、レポーター田中ひとみが取材報告しました。

ここ数年、飲食店などで予約した客が連絡せずに来店しないことが増えており、店側が悲鳴をあげています。2年前にもこのコーナーで取り上げましたが、現状はどうなっているのか。都内の飲食店2店舗に伺いました。

無断キャンセル、お店は困ってます!

◆居酒屋
「電話で団体とか10名、15名とかで予約されて、予約の時間になっても来ない。すぐに連絡するのは失礼なので、15分とか20分経って折り返すけど、電話がなかかったり繋がらないことが最近あった。コースの金額にして1人様5,000円からやってるけど、10名だと5万円の売り上げ、プラス食材とか、団体が入っていると他の予約が取れなくてお断りしている場合があるので、すごい損失。」

◆寿司専門の居酒屋
「コースみたいなものがないので、席予約のみのお客さんが無断キャンセルが多い。ここ最近だと週1回。キャンセル料みたいな、事前に話をしておけばいただけるかもしれないけど、自分もお客さん側に立ってしまったらそれも難しい。そこは目をつぶってしまう。」

▼居酒屋の空席・・・

飲食店の無断キャンセル対策はここまで進化していた!の画像はこちら >>

無断キャンセルの多くは、人気店だからとりあえず予約してみたり、行くのが面倒になったり、単純に予約したことを忘れたり、複数のお店を同時に予約したり、いろんなパターンがあるようです。


この記事の画像

「飲食店の無断キャンセル対策はここまで進化していた!」の画像1 「飲食店の無断キャンセル対策はここまで進化していた!」の画像2 「飲食店の無断キャンセル対策はここまで進化していた!」の画像3 「飲食店の無断キャンセル対策はここまで進化していた!」の画像4
「飲食店の無断キャンセル対策はここまで進化していた!」の画像5