深刻な空き家問題は地域再生のチャンス?

深刻な空き家問題は地域再生のチャンス?
拡大する(全4枚)

2018年の総務省の調査では、全国で849万戸が空き家状態で、割合にして13.6%。過去最高の数を記録しています。この問題をどう解決したらいいのか?新たに生まれている「空き家の活用方法」について、6月10日TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で、レポーター田中ひとみが取材報告しました。

まずは、都内で最も空き家率が高い豊島区で、昨年始まったばかりの、空き家のシェアハウスについて。運営する、一般社団法人コミュニティネットワーク協会の、渥美京子さんのお話です。

高齢者や障害者のための、空き家のシェアハウス

一般社団法人コミュニティネットワーク協会 渥美京子さん
ここは単なるシェアハウスではなく、高齢者、障害者、生活困窮者のみが住むことができる住まい。もともと一戸建ての空き家になっていた住宅をフルリノベーションして、中身は新品。初めての試みで社会実験的な面も。例えば今は、賄いが得意な83歳の女性が、ご飯を若い人に作ってあげたり。彼女は、お風呂の沸かし方や、夜、鍵穴が暗くて見えなくて困ってる、そういうものを若い人が支える。高齢者と障害者が一緒に住んでどんな暮らしになるのか、とてもいい感じ。予期せぬ支え合いが、自然発生的に生まれているようです。

▼空き家を改修したシェアハウス「共生ハウス西池袋」

深刻な空き家問題は地域再生のチャンス?の画像はこちら >>

この「共生ハウス西池袋」は、JR池袋駅から徒歩13分。7年間空き家になっていた、築35年の一軒家をシェアハウスに改修し、1年ほど前から運用されています。


この記事の画像

「深刻な空き家問題は地域再生のチャンス?」の画像1 「深刻な空き家問題は地域再生のチャンス?」の画像2 「深刻な空き家問題は地域再生のチャンス?」の画像3 「深刻な空き家問題は地域再生のチャンス?」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TBSラジオの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「総務省」に関する記事

「総務省」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「総務省」の記事

次に読みたい「総務省」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク