空中にヴァーチャル・タッチスクリーンが出現! ポケットサイズのセンサー「GLAMOS」

空中にヴァーチャル・タッチスクリーンが出現! ポケットサイズのセンサー「GLAMOS」
スマホやパソコンの操作や、プレゼンでのスクリーンの操作が遠隔ハンズフリーで行えれば最高だ。Kickstarterに登場した「GLAMOS」は、そんな世界を現実にする。

キューブ型、手乗りサイズのこのセンサーデバイスを、ポケットから出してその場に設置。すると、たちまちヴァーチャル・タッチスクリーンが現れる。空中でスワイプすると画面に反映されて、だれもがスーパーパワーを得られそうだ。

・特許出願中のLiDAR技術を採用

空中にヴァーチャル・タッチスクリーンが出現! ポケットサイズのセンサー「GLAMOS」
「GLAMOS」はLiDAR技術を用いたセンシングと距離計算により、デバイス上方180°をヴァーチャル・タッチスクリーン化する。

ユーザーはそこに平面があると仮定して、スワイプしたりクリックしたりが可能だ。iOSやMac、WindowsやLinuxのデバイスに接続して、手を振りかざすことで割り当てられた操作ができる。

壁やホワイトボード、パソコンのモニタなんかにもセットできて、なんでもタッチスクリーンにしてしまえるだろう。

・ポケットに入れて持ち歩ける

空中にヴァーチャル・タッチスクリーンが出現! ポケットサイズのセンサー「GLAMOS」
3.7 x 3.4cmとミニサイズなので、ポケットに入れて持ち歩ける。ユースケースとしては、コントローラーなしでゲームを楽しんだり、調理中にモニタに手を触れることなくiPadのレシピをめくったり……などさまざま。音声操作よりも生活を便利にしてくれるだろう。

40Hz(1秒間に40回)でセンシングデータを更新しており、遅延が気になることもなさそうだ。

「GLAMOS」は現在Kickstarterにて支援受付中。コントロール対象デバイスにUSBケーブルでつなぐBasicタイプと、Bluetoothも活用できるProタイプがあり、支援額はそれぞれ119ドル(約1万3100円)、139ドル(約1万5300円)からとなっている。日本までの送料は15ドル(約1700円)。商品の発送予定は7月だ。

GLAMOS/ Kickstarter

あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月23日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。