15分差で生まれた双子 兄は2021年に、妹は2022年に誕生(米)

このほどアメリカで誕生日が異なる双子の赤ちゃんが誕生した。2021年の終わりから2022年にかけて15分差で生まれた2人は、今後別々の年にそれぞれの誕生日を迎えることになる。日付を跨いで双子が誕生することは非常に珍しく、その確率は200万組に1組と言われているそうだ。『The Daily Star』『New York Post』などが伝えている。

米カリフォルニア州在住のファティマ・マドリガルさん(Fatima Madrigal)は、同州サリナスにある「ナティビダッドメディカルセンター(Natividad Medical Center)」で双子の赤ちゃんを出産した。年末年始にかけて15分差で誕生した2人は、驚くことに別々の年に生まれてきたのだ。

2021年12月31日午後11時45分に体重6.1ポンド(2766グラム)で兄のアルフレッド君(Alfredo)が、そして15分後の2022年1月1日0時に体重5.14ポンド(2331グラム)で妹のアイリンちゃん(Aylin)が誕生した。

母親のファティマさんは「双子なのに誕生日が違うなんて何だかおかしくて信じられません。午前0時を回ってから娘が生まれたことには驚きましたが、とても嬉しかったです」と心境を明かした。

また主治医であるアナ・アブリル・アリアス医師(Dr. Ana Abril Arias)は、今回の出産についてこのように述べている。

「医師としてのキャリアのなかで最も記憶に残る出産です。2021年から2022年にかけて小さな2つの命を無事にこの世に迎えられたこと、そのお手伝いができて本当に嬉しく思っています。素晴らしい一年のはじまりです。」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク