ダニエル太郎、対マレーの作戦を明かす。ボールを動かすことで「どんどん疲れてくれると思っていた」[全豪オープン]
拡大する(全1枚)
ダニエル「結果が出たからといって、気取ってはいけない」

1月20日、全豪オープン4日目、男子シングルス2回戦。元世界No.1、アンディ・マレー(イギリス/世界ランク113位)に勝利し、キャリア初のグランドスラム3回戦進出を決めたダニエル太郎(エイブル/男子世界ランク120位)が記者会見に臨み、「とにかくベストを尽くすというのが、やることだった。それができたから結果が出た」と語った。

【動画】ダニエル太郎vs.マレー全豪2回戦ハイライトをチェック

試合を振り返って「相手が誰とかではなく、自分でやらなければいけないことはわかっていて、とにかくベストを尽くすというのが主なロール(仕事)だった。それができたから結果が出たんだと思う。ただ、結果が出たからといって、気取ってはいけない。今何をやりたいのか、考え、感じながらやっていきたいと思います」と語ったダニエル。

このマレー戦では、「必ずボールは動かさないといけない」と思っていたという。
「ラリーが長くなっても、とにかく僕がボールを動かしていれば、彼もどんどん疲れてくれると思っていた。前の試合、先週から疲れが溜まっているだろうし、それを自分のアドバンテージとして使えればなと作戦を立てていた」と明かした。ちなみに、スタッツを見ると、4本以下のラリーでは、60点-48点、5~8本では26点-17点、9本以上では28点-27点とすべてのシチュエーションでマレーを上回っている。