ボタンを押せば電車が動く!! JR東日本が常磐線各駅停車で自動運転 ドライバレス運転の可能性を探る(前編)

ボタンを押せば電車が動く!! JR東日本が常磐線各駅停車で自動運転 ドライバレス運転の可能性を探る(前編)
拡大する(全6枚)
ダイヤ改正で始まったJR常磐緩行線の自動運転。運転士がハンドルを握るので、利用客には手動か自動かの区別はできないようにも思えます。(画像:JR東日本東京支社)

JR東日本は2021年3月13日のダイヤ改正から、常磐線各駅停車でATO(自動列車運転装置)による自動運転を始めました。同社初めての挑戦で、2021年度に開始する対象線区へのホームドア整備も合わせ、さらなる安全・安定輸送を実現するともに、業務効率化の可能性を探ります。

自動運転は2018年7月に公表した、JR東日本グループ経営ビジョン「変革2027」にトピックスとして盛り込んだ「スマートトレイン」の実践策で、同社は「運行やサービスなど様々な側面から鉄道を質的に変革し、輸送をレベルアップする」とします。運転士がハンドル操作して、速度を上げたり落としたりしながら列車を走らせるという、鉄道の有史以来の仕組みを大きく変える可能性を持つ自動運転、前編では鉄道各社の取り組み、後編では世界や日本の動向を紹介します。

相直のメトロ千代田線は自動運転

ボタンを押せば電車が動く!! JR東日本が常磐線各駅停車で自動運転 ドライバレス運転の可能性を探る(前編)
JR常磐緩行線の運転区間と自動運転するE233系。(画像:JR東日本東京支社)

常磐線は上野ー仙台間(正式には日暮里ー岩沼間)の在来線で、綾瀬ー取手間は複々線。緩行線を走る各駅停車は、基本的に東京メトロ千代田線と相互直通運転します。千代田線は既に自動運転化済みで、JRから乗り入れるE233系電車(細部は異なりますが中央線や京浜東北線を走る電車と同形です)は千代田線内、自動運転されます。


この記事の画像

「ボタンを押せば電車が動く!! JR東日本が常磐線各駅停車で自動運転 ドライバレス運転の可能性を探る(前編)」の画像1 「ボタンを押せば電車が動く!! JR東日本が常磐線各駅停車で自動運転 ドライバレス運転の可能性を探る(前編)」の画像2 「ボタンを押せば電車が動く!! JR東日本が常磐線各駅停車で自動運転 ドライバレス運転の可能性を探る(前編)」の画像3 「ボタンを押せば電車が動く!! JR東日本が常磐線各駅停車で自動運転 ドライバレス運転の可能性を探る(前編)」の画像4
「ボタンを押せば電車が動く!! JR東日本が常磐線各駅停車で自動運転 ドライバレス運転の可能性を探る(前編)」の画像5 「ボタンを押せば電車が動く!! JR東日本が常磐線各駅停車で自動運転 ドライバレス運転の可能性を探る(前編)」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク