2025年 大阪・関西万博にむけて加速する鉄道計画

2025年 大阪・関西万博にむけて加速する鉄道計画
拡大する(全1枚)

2025年 大阪・関西万博にむけて加速する鉄道計画の画像はこちら

1970年に開催された大阪万博から55年を経て、再び日本万国博覧会が大阪にやってくる。

内閣府は、この2025年 大阪・関西万博にむけたインフラ整備計画を公表。「大阪・関西万博の円滑な開催を支える」「大阪・関西万博の開催の効果を高める」「地域の社会経済活動を支える成長基盤」として整備する鉄道計画を記した。

大阪メトロ中央線延伸(鉄道南ルート)

Osaka Metro 中央線 の起点駅、コスモスクエア駅から西へ延伸し、夢咲トンネルに沿って走り、万博会場の夢洲へとアクセスする計画。

万博来場者、国際観光拠点・国際物流拠点の来場者アクセス向上と港湾物流ネットワークの円滑化をめざす。

うめきた2期開発(新駅、東道線支線地下化、公園)

世界をリードする みどり とイノベーションの融合拠点をめざし、それを支える都市基盤(新駅・東海道線支線地下化・公園)を整備する。

うめきたエリアの西側を縦断している東海道線支線の梅田信号場(旧梅田貨物駅)では、まちづくりと一体となって約1.7キロメートルの地下化工事がすすんでいる。

この地下化・大阪駅 地下ホーム設置などで、踏切除却や交差道路の安全性向上が図られる。

なにわ筋線整備

なにわ筋線は、2023年開業予定のうめきた2期開発 大阪駅 地下ホームと、JR難波駅・南海本線の新今宮駅をつなぐ路線。

JR阪和線・南海本線を介し西日本最大の鉄道ターミナルである梅田ターミナル、大阪市の主要鉄道ターミナルである難波ターミナル・天王寺ターミナル、国土軸との結節点となる新大阪駅と関西国際空港とを直結する。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク