かつては遊園地の駅でした 富山地鉄全駅探訪62 【50代から始めた鉄道趣味】144

かつては遊園地の駅でした 富山地鉄全駅探訪62 【50代から始めた鉄道趣味】144

※2018年2月撮影

大川寺駅に初めて来た時は、要塞の様に堅固な鉄筋コンクリートの駅舎に驚きました。駅の背後、小高い崖の上には約1万坪の段丘が広がり、スキー場や公園が整備され、1960年代には大川寺遊園地が作られました。また、駅の西側には北陸電力上滝水力発電所から地下を流れてきた水流が常西合口用水路として地上に出て来ます。大川寺駅のホーム、南富山側の真下にこの流れがあります。

かつては遊園地の駅でした 富山地鉄全駅探訪62 【50代から始めた鉄道趣味】144
※2019年7月撮影

こちらが南富山側ホームの真下に流れ出る常西合口用水路。

かつては遊園地の駅でした 富山地鉄全駅探訪62 【50代から始めた鉄道趣味】144
※2019年7月撮影

駅の東側には常願寺川が流れています。大川寺駅ホームの東側はそのまま大川寺川橋梁になっています。下流側には県道35号線の橋梁が並んでいます。

かつては遊園地の駅でした 富山地鉄全駅探訪62 【50代から始めた鉄道趣味】144
※2019年7月撮影

トップ画像は2018年(平成30年)2月に岩峅寺駅方面に向かっていた時の前面展望。大川寺駅に停車する下り列車から雪の常願寺橋梁を撮ったものです。

1934年(昭和9年)に富山県営鉄道によって架橋された常願寺橋梁は、1975年(昭和50年)に架け替えられ、その際の線形の見直しなどで元の位置から南に駅の位置が移され、段丘の一部を削った場所に現在の鉄筋コンクリートで覆われた駅が新たに作られました。1976年(昭和51年)に使用開始。

かつては遊園地の駅でした 富山地鉄全駅探訪62 【50代から始めた鉄道趣味】144
※2019年7月撮影

駅には階段を登って上がります。

かつては遊園地の駅でした 富山地鉄全駅探訪62 【50代から始めた鉄道趣味】144
※2019年7月撮影

かつては駅事務スペースも現在は待合室になっています。左が駅舎出入口。右はホームです。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月11日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。