オーストリアのプレッシングサッカーに大苦戦のフランス ムバッ...の画像はこちら >>

ヘディングを放った際に接触し出血したムバッペ photo/Getty Images

強度の高い試合だった

グループD・第1戦
オーストリア 0-1 フランス

グループDでは、タイトルを目指す優勝候補フランスが登場。ラルフ・ラングニック率いるオーストリアと相まみえた。

序盤はハイライン、ハイプレスを敢行するオーストリアに対し、プレスをかわしながら前進しようとするフランスという構図。オーストリアの執拗なプレスはフランスのビルドアップをかき乱しており、ボールポゼッションが定まらない展開が続く。

ハイライン裏のスペースを時折突くことができるフランスだが、ムバッペにもデンベレにも決定的なチャンスはなかなか訪れない。8分に左サイドからムバッペがニアに放ったシュートもGKペンツがファインセーブ。フランスにペースを握らせない。

距離感をコンパクトにとるオーストリアは、シュートこそないもののプレス強度の高さでフランスを抑え込み、狙い通りといった展開。個人技に優れたフランスはデンベレのドリブルやムバッペ、テオ・エルナンデスのスピードで打開を試みるも、むしろペースはオーストリアに。36分にはゴール前のザビツァーの落としをバウムガルトナーが拾ってチャンスにつなげ、フランスのゴールを脅かす。

しかし38分にスコアが動く。右サイドを突破したムバッペが速いクロスを入れると、ボールはウーバーに当たりゴール左へ吸い込まれる。オウンゴールでフランスが先制に成功した。

前半終了間際にはムバッペが長いパスに反応して裏をとり抜け出すが、ややトラップが流れシュートには至らず。前半は0-1で終了する。

後半も立ち上がりから果敢なプレッシングを試みるオーストリア。幸運なオウンゴールで1点をリードするフランスだが、やはりボールを支配するには至らず。55分にはラビオのパスにムバッペが抜け出し、スピードでDFを振り切ってGKと1対1のビッグチャンスに。しかしシュートは右に外れ、これも決めきることができない。

プレスの強度を保ちつつ1点を返したいオーストリアは、59分に一気に3枚替え。ストライカーのアルナウトビッチも投入しゲームを動かしにいく。

66分にはテオ・エルナンデスの左からのクロスにグリーズマンが飛び込むがわずかに合わず。思うように決定機を活かせないフランスは、71分にコロ・ムアニ、カマヴィンガを投入。こちらも変化を加えようと試みる。

しかし試合は次第に肉弾戦の様相を呈する。78分にはスルーパスに反応したバウムガルトナーとGKメニャンがPA内で交錯。85分にはムバッペがヘディングを放った直後にDFと激突し倒れ込み、出血のアクシデントに。このシーンからロングカウンターを受けたフランスだったが、カンテが持ち前の危機察知能力でゴール前に戻り事なきを得た。

90分にグリーズマンに代えてフォファナ、そして出血のムバッペに代えて歴代最年長出場となったジルーを投入し、スコアを守り切る判断に出たフランスのデシャン監督。9分のアディショナルタイムがとられたが、オーストリアの猛攻をなんとかしのいでタイムアップにこぎつけた。グリーズマンもムバッペも派手に出血し苦しんだフランスだったが、オウンゴールによる1点を守り切って勝点3をもぎ取っている。



[スコア]
オーストリア 0-1 フランス

[得点者]
オーストリア
なし

フランス
38分 マクシミリアン・ウーバー(OG)

[ラインナップ]

オーストリア

監督:ラルフ・ラングニック

GK
パトリック・ペンツ(ブレンビー)

DF
フィリップ・ムウェネ(マインツ)
マクシミリアン・ウーバー(ボルシアMG)
ケビン・ダンソ(RCランス)
シュテファン・ポッシュ(ボローニャ)

MF
フロリアン・グリリッチュ(ホッフェンハイム)
ニクラス・サイヴァルト(ライプツィヒ)
コンラッド・ライマー(バイエルン)
マルセル・ザビツァー(ドルトムント)
クリストフ・バウムガルトナー(ライプツィヒ)

FW
ミヒャエル・グレゴリッチ(フライブルク)

[交代出場・退場]
59分 マクシミリアン・ウーバー→ゲルノト・トラウナー(フェイエノールト
59分 フロリアン・グリリッチュ→パトリック・ヴィマー(ヴォルフスブルク)
59分 ミヒャエル・グレゴリッチ→マルコ・アルナウトビッチ(インテル)
88分 フィリップ・ムウェネ→アレクサンダー・プラス(ラピッド・ウイーン)
90+1分 コンラッド・ライマー→ロマーノ・シュミット(ブレーメン)



フランス

監督:ディディエ・デシャン

GK
マイク・メニャン(ミラン)

DF
テオ・エルナンデス(ミラン)
ダヨ・ウパメカノ(バイエルン)
ウィリアム・サリバ(アーセナル)
ジュール・クンデ(バルセロナ)

MF
エンゴロ・カンテ(アル・イテハド)
アドリアン・ラビオ(ユヴェントス)
アントワーヌ・グリーズマンアトレティコ・マドリード

FW
ウスマン・デンベレ(パリ・サンジェルマン)
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
マルクス・テュラム(インテル)

[交代出場・退場]
71分 ウスマン・デンベレ→ランダル・コロ・ムアニ(パリ・サンジェルマン)
71分 アドリアン・ラビオ→エドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリード
90分 キリアン・ムバッペ→オリヴィエ・ジルー(ミラン)
90分 アントワーヌ・グリーズマン→ユスフ・フォファナ(モナコ)

※カッコ内は23-24所属クラブ