「日銀の買い」と「自社株買い」に支えられている日本株、日銀が買わないとどうなる?
拡大する(全5枚)

日銀の日本株保有額がついに27兆円を超える

 


 日本株市場で、日本銀行の存在がどんどん大きくなりつつあります。日銀は今、日本株ETF(上場投資信託)を年間6兆円のペースで買い付けています。売りはせず、買いだけです。累積買い付け額はついに27兆円を超えました。


日本銀行による日本株ETFの累積買い付け額推移:2011年1月~2019年9月


「日銀の買い」と「自社株買い」に支えられている日本株、日銀が買わないとどうなる?
出所:ブルームバーグより楽天証券が作成


 日銀はこれまで、きわめて分かりやすい買い方をしてきました。年間の買い付けペース(年6兆円)をほぼ守りつつ、日経平均が午前中に大きく下がった日に、大口買い(703億円)を入れてきました。日経平均が上昇すると買いを減らし、「上値を牽引するのではなく、下値を支える」買い方を徹底してきました。


 日銀は、2015年から買い付けペースを引き上げています。2015年は年3兆円(月間約2,500億円)の買い付けを行いました。2016年に入ってから、年3.3兆円(月間約2,750億円)としました。2016年8月から買い取りペースをさらに大幅に引き上げ、年6兆円(月間約5,000億円)としました。現在も6兆円のペースで買っています。


日銀と並び「自社株買い」も巨額の買い手に

 


 日銀と並んで、「自社株買い」【注】も巨額の買い手となりつつあります。


【注】自社株買いとは
上場企業が、株主還元の一環として、自社の株を買うこと。「NTTドコモがNTTドコモ株を買う」「三井住友FGが三井住友FG株を買う」のが自社株買い。自社株買いを行うと発行済み株式数が減少するので、1株当たり利益が増加する。1株当たり利益の増加によって、株価が上昇する可能性が高まる。


この記事の画像

「「日銀の買い」と「自社株買い」に支えられている日本株、日銀が買わないとどうなる?」の画像1 「「日銀の買い」と「自社株買い」に支えられている日本株、日銀が買わないとどうなる?」の画像2 「「日銀の買い」と「自社株買い」に支えられている日本株、日銀が買わないとどうなる?」の画像3 「「日銀の買い」と「自社株買い」に支えられている日本株、日銀が買わないとどうなる?」の画像4
「「日銀の買い」と「自社株買い」に支えられている日本株、日銀が買わないとどうなる?」の画像5