金は上昇、原油は歴史的下落 【ジャンル横断・騰落率ランキング】

金は上昇、原油は歴史的下落 【ジャンル横断・騰落率ランキング】

金が上昇率1位、次いでビットコイン。パラジウム、原油は大幅下落。

 先週は、金とビットコインの上昇が目立ちました。一方、パラジウムと原油は大幅下落、そしてナスダック、上海総合、S&P500、NYダウ、日経225など主要株価指数の下落も目立ちました。


 全体的には、上昇銘柄数は5、下落銘柄数は18、最大と最小を除く変動率の平均は▲0.9%でした。今回の4月17日(金)から24日(金)については“総じて弱い週だった”と言えると思います。


 “総じて弱い”と考える理由は、上述のとおり、株価指数、通貨、コモディティ(商品)、暗号資産といった複数のジャンルを横断的にみて下落銘柄数が多かったこと、全体の騰落が平均でマイナスだったこと、そしてこれらに加え、“金(ゴールド)”が上昇率1位となる目立った上昇を演じたためです。


 今回の騰落率のランキングから、先週は“代替資産(株の代わり)”や“代替通貨(主要国通貨の代わり)”という側面から金が買われたことがうかがえます。新型コロナウイルスの感染拡大による経済的・心理的打撃を、主要国の金融政策やワクチン開発への期待で相殺することが難しい状況にあるのだと思います。


 金が株や通貨の代わりに買われる、ということは、株や通貨が期待以上のパフォーマンスを出し切れていないことが背景にあると見られます。期待(正の思惑)が主な変動要因となって上昇することがある株式市場には、まだ、新型コロナウイルス感染拡大への強い懸念(負の思惑。期待の反対)が存在しているとみられます。


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ビットコイン」のニュース

次に読みたい関連記事「ビットコイン」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。