米大統領選、ドル/円はどちらに動く? 個人投資家は「円高」予想が半数占める

米大統領選、ドル/円はどちらに動く? 個人投資家は「円高」予想が半数占める
拡大する(全5枚)

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは105.11下値メドは104.00

今朝の天気マークは「雨」


※天気の判定基準は記事末尾にあります

米大統領選のマーケットに全集中だ!


 世界が注目する米大統領選挙。投票は最も早いニューヨーク州などで日本時間3日20時に始まり、最も遅いアラスカ州やハワイ州で日本時間4日14時に終わる予定です。


 今日中に結果が判明する可能性は低いといわれています。場合によっては来年1月に決選投票が行われる可能性もいわれています。大統領選挙の不透明感はしばらく続くと覚悟するべきでしょう。激戦州となっているノースカロライナ州では投票システムが故障したようで、すでに集計に遅れがでています。


 しかし、マーケットはすでにバイデン氏勝利を確信しているようで、大型景気刺激策の期待を背景に3日(火曜)のダウ平均株価は一時710ドルを超えて上昇。


 ドル/円は104.80円を高値に104.43円まで下押し。終値は104.53円。バイデン氏の景気対策は米金利上昇につながり、日米金利差拡大では「ドル高、円安」。しかし、投資家心理の改善いわゆるリスクオンは「ドル売り」というのが最近の流行りなので、その体でいくなら「ドル安、円高」となります。


 楽天証券が10月末に実施した相場アンケート調査の結果によると、個人投資家の50%が、11月のドル/円は「ドル安/円高」に動くと予想していることがわかりました。一方「ドル高/円安」は26%。


この記事の画像

「米大統領選、ドル/円はどちらに動く? 個人投資家は「円高」予想が半数占める」の画像1 「米大統領選、ドル/円はどちらに動く? 個人投資家は「円高」予想が半数占める」の画像2 「米大統領選、ドル/円はどちらに動く? 個人投資家は「円高」予想が半数占める」の画像3 「米大統領選、ドル/円はどちらに動く? 個人投資家は「円高」予想が半数占める」の画像4
「米大統領選、ドル/円はどちらに動く? 個人投資家は「円高」予想が半数占める」の画像5

当時の記事を読む

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月4日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。