反落の日本株は意外に冷静?要注意の米国株は3月のパターンを回避できるか

反落の日本株は意外に冷静?要注意の米国株は3月のパターンを回避できるか
拡大する(全6枚)

日経平均は5週ぶり反落。落ち着かない値動き

 先週末9月24日(金)の日経平均は3万248円で取引を終え、前週末終値(3万500円)からは252円安と、週足ベースでは5週ぶりの反落となりました。


 先週は、中国の不動産大手企業である恒大集団の債務問題に揺れ動き、メディアなどでも「恒大ショック」といった文言がにぎわっていたのですが、その割に、株式市場自体は今のところ「崩れた」という状況には陥っていないように見えます。


 今週は「月またぎ」となり、週末に10月相場へ突入するわけですが、イベントが多い週となっています。


 具体的に見ていくと、国内では9月の権利落ち日(29日)をはじめ、自民党総裁選の投開票(29日)や日銀短観(10月1日)が予定されているほか、海外に目を向けると、米国では8月の耐久財受注(27日)や9月ISM製造業景況指数(1日)といった経済指標が相次ぎます。


 さらに、中国でも9月PMI(購買担当者景気指数)が30日に公表された後、翌10月1日からの中国株市場は国慶節で休場期間に入ります。


 まずは、いつものように足元の状況から確認し、今後の焦点について考えていきたいと思います。


■(図1)日経平均(日足)とMACDの動き(2021年9月24日取引終了時点)
反落の日本株は意外に冷静?要注意の米国株は3月のパターンを回避できるか
出所:MARKETSPEEDⅡを元に筆者作成

 上の図1で、あらためて先週の値動きを振り返ると、わずか3営業日のなかで値動きがやや慌ただしいものとなりました。


 21日(火)に「窓」空けで下落し節目の3万円台を割り込んだ日経平均は、翌22日(水)も続落となり、この日の安値が2万9,573円と、前週末終値から1,000円近く下げる場面もありました。しかし祝日を挟んだ週末24日(金)の取引では、再び「窓」空けで反発し、結局3万円台を維持して終えています。


この記事の画像

「反落の日本株は意外に冷静?要注意の米国株は3月のパターンを回避できるか」の画像1 「反落の日本株は意外に冷静?要注意の米国株は3月のパターンを回避できるか」の画像2 「反落の日本株は意外に冷静?要注意の米国株は3月のパターンを回避できるか」の画像3 「反落の日本株は意外に冷静?要注意の米国株は3月のパターンを回避できるか」の画像4
「反落の日本株は意外に冷静?要注意の米国株は3月のパターンを回避できるか」の画像5 「反落の日本株は意外に冷静?要注意の米国株は3月のパターンを回避できるか」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク