高速のスマートICを全国12か所新設へ 正式名称は地元の意見踏まえ決定

記事まとめ

  • 国土交通省道路局は、スマートインターチェンジ12か所の事業許可を行った。
  • スマートICはETC搭載車が利用できる出入口。
  • 正式な名称は、地元や利用者の意見なども踏まえて決定される。

高速のスマートIC 新たに全国12か所新設へ 準備調査も東関東道・名神などで採択

高速のスマートIC 新たに全国12か所新設へ 準備調査も東関東道・名神などで採択
       

スマートICここにできます。

高速のスマートIC 新たに全国12か所新設へ 準備調査も東関東...の画像はこちら >>

高速道路のスマートICのイメージ(画像:写真AC)。

 国土交通省道路局は2020年10月23日(金)、高速道路のNEXCO各社に対し、スマートインターチェンジ(IC)12か所の事業許可を行ったと発表しました。対象のスマートIC(すべて仮称)は次のとおり。

●事業許可の下りたスマートIC
・道東道 音更帯広IC~池田IC間:長流枝(おさるし)
・東北中央道 山形中央IC~天童IC間:天童南
・東北中央道 米沢北IC~南陽高畠IC間:高畠
・東北道 国見IC~白石IC間:白石中央
・常磐道 三郷JCT・IC~流山IC間:三郷料金所(フル化)
・上信越道 長野IC~須坂長野東IC間:若穂
・北陸道 長岡北スマートIC~西山IC間:大積
・山陽道 三木東IC~三木小野IC間:三木
・山陽道 笠岡IC~福山東IC間:篠坂PA
・山陽道 西条IC~志和IC間:八本松
・高松道 さぬき豊中IC~大野原IC間:観音寺
・東九州道 高鍋IC~西都IC間:新富

 あわせて、スマートIC設置の準備段階調査として新たに3か所が採択されたほか、無料区間の道路に追加するICも3か所が新たに指定されています(徳島津田と徳島沖洲以外のスマートIC名や未供用のIC・JCTはすべて仮称)。

●スマートIC新規準備段階調査箇所
・北関東道 笠間西IC~友部IC間:笠間PA
・東関東道 湾岸習志野IC~千葉北IC間:検見川・真砂
・名神高速 八日市IC~蒲生スマートIC間:黒丸

●無料区間の追加IC
・道東道 阿寒IC~釧路西IC間:釧路空港
・徳島南部道 小松島IC~徳島沖洲IC間:徳島津田(フル化)
・東九州道 志布志IC~大崎IC間:志布志有明(フル化)

 スマートICは、高速道路の本線やSA、PAに設置される出入口です。専らETC搭載車が利用できます。スマートICの正式な名称は、地元や利用者の意見なども踏まえて決定されます。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月25日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。