運転士は指揮者?「鉄道会社の吹奏楽団」多かったワケ 昭和に全盛 仕事との両立に苦心

運転士は指揮者?「鉄道会社の吹奏楽団」多かったワケ 昭和に全盛 仕事との両立に苦心
拡大する(全3枚)

趣味を楽しむ社内サークル活動として、社員で吹奏楽団を結成している鉄道会社があります。かつては、ある理由から多く存在した「鉄道会社の吹奏楽団」ですが、この職業ならではの苦労もあるようです。

ダブル指揮者は「どっちも路面電車の運転士」北陸の古豪吹奏楽団

 日本で何らかの趣味を持つ成人の人口は1億人規模ともいわれ、企業でも同じ趣味を持つ人々のサークル活動が行われています。鉄道会社やバス会社などにもさまざまな趣味のサークルが存在しますが、交通業界では古くから定番といえるもののひとつに、アマチュア吹奏楽団があります。

運転士は指揮者?「鉄道会社の吹奏楽団」多かったワケ 昭和に...の画像はこちら >>

京都鉄道博物館で演奏するJR西日本吹奏楽団(画像:JR西日本吹奏楽団)。

「鉄道会社の吹奏楽団」のなかでも精力的に活動を行っているのが、富山県を中心に活動する富山地方鉄道の吹奏楽団です。1959(昭和34)年の結成から60年以上の歴史を誇るこの吹奏楽団は、地域での演奏活動のみならず、全日本吹奏楽コンクール出場歴2回と実績も堂々たるもの。現在は新型コロナウイルスの影響で合奏を行っていないそうですが、平常時は50人ほどの団員が、業務のかたわらで音楽を楽しんでいます。

 富山地方鉄道は鉄道線・軌道線(路面電車)合わせて100km以上のもの営業距離を持ち、会社としての規模は地方私鉄においては国内最大級。団員の職種は、電車や路線バスの運転士、駅員、整備・保線、本社勤務など、もはやこの吹奏楽団だけで小さな鉄道会社を運営できそうなほどです。常任指揮者の2名は、「動力車操縦者運転免許」を所持した路面電車の運転士および元運転士です。


この記事の画像

「運転士は指揮者?「鉄道会社の吹奏楽団」多かったワケ 昭和に全盛 仕事との両立に苦心」の画像1 「運転士は指揮者?「鉄道会社の吹奏楽団」多かったワケ 昭和に全盛 仕事との両立に苦心」の画像2 「運転士は指揮者?「鉄道会社の吹奏楽団」多かったワケ 昭和に全盛 仕事との両立に苦心」の画像3

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。