東海道・山陽新幹線 臨時列車中心に「のぞみ」「ひかり」一部運休へ 新型コロナ影響

東海道新幹線「のぞみ」は計192本が運休します。

東海道・山陽新幹線 臨時列車中心に「のぞみ」「ひかり」一部運休へ 新型コロナ影響

東海道・山陽新幹線を走るN700系(2011年10月、恵 知仁撮影)。

 JR東海JR西日本は2020年3月13日(金)、新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえ、東海道・山陽新幹線で「のぞみ」「ひかり」の一部列車を運休すると発表しました。

 期間は3月19日(木)から31日(火)まで。東海道新幹線は、東京~新大阪間の臨時「のぞみ」を中心に、期間中1日あたり最大27本(27日)、計192本を運休します。なお、「ひかり」「こだま」の運休はありません。

 山陽新幹線は期間中、新大阪~広島・博多間の「ひかり」を、1日あたり最大4本(27日)、計30本運休する予定です。

 運休となる列車のきっぷがある場合、手数料なしで変更や払い戻しが行われます。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。