イチロー初球宴から20年。アメリカの価値観を変えた偉大な軌跡

       

福島良一「MLBコアサイド」

 1973年の初渡米から47年にわたってメジャーリーグの造詣を深めてきた福島良一氏に、さまざまな魅力を伝えてもらう「MLBコアサイド」。今回は20年前のイチロー選手のデビューイヤーを振り返り、その後のメジャーリーグの変化について語ってもらいます。

イチロー初球宴から20年。アメリカの価値観を変えた偉大な軌跡

メジャー1年目でまだ若々しい当時27歳のイチロー

 ロサンゼルスのドジャースタジアムで行なわれる予定だった今季のMLBオールスターゲームは、7月3日に開催中止が正式に発表されました。1933年に始まった「真夏の球宴」が開催されないのは、第二次世界大戦の影響で中止となった1945年以来、75年ぶり2度目の出来事です。

 さかのぼること、ちょうど20年前の2001年7月10日。72回目となるオールスターゲームはシアトル・マリナーズの本拠地セーフコ・フィールド(現T-モバイル・パーク)で行なわれました。その全米中が注目するオールスターのファン投票で、最多得票を獲得したのがメジャー1年目のイチロー選手です。

 イチロー選手はア・リーグの1番センターとして先発出場。初回、ナ・リーグの先発ランディ・ジョンソン(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)からいきなり一塁への内野安打を放って出塁すると、すかさず二盗も成功させました。


 地元の新しいスターの活躍に、セーフコ・フィールドを埋め尽くした4万7000人もの大観衆からは盛大な歓声と拍手喝采の嵐。内野席で観戦していた私にとって、それは夢のような瞬間でした。

 あれから20年。イチロー選手はメジャーの殿堂入りへの証とも言える通算3000安打をはじめ、数々の金字塔を樹立。そして昨年3月、日本開幕シリーズで超満員の大観衆からイチローコールを浴びながら、メジャー19年の現役生活に別れを告げました。

 振り返れば2001年、イチロー選手は「メジャー史上初の日本人野手」としてマリナーズに鳴り物入りで入団。ただ、オリックス・ブルーウェーブ時代に日本プロ野球記録の7年連続首位打者に輝いたイチロー選手といえども、メジャーでこれほど活躍するとは誰も想像していませんでした。

 むしろ、広大な北米大陸を移動しながら年間162試合もプレーするので、「日本人は投手ならまだしも、野手は体力的に持たない」と疑問視する声が当時は大多数でした。「本場のパワーやスピードに太刀打ちできない」という懐疑的な意見も多かったと覚えています。

 しかし、イチロー選手は157試合に出場して打率.350、56盗塁をマークし、メジャー1年目で「首位打者&盗塁王」のダブルタイトルを受賞。黒人メジャーリーガー第1号のジャッキー・ロビンソン以来となる快挙を成し遂げたのです。


イチローのプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「イチロー + 引退」のおすすめ記事

「イチロー + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「イチロー + 復帰」のおすすめ記事

「イチロー + 復帰」のおすすめ記事をもっと見る

「イチロー + 年俸」のおすすめ記事

「イチロー + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月10日の野球記事

キーワード一覧

  1. イチロー 伝説
  2. イチロー 年俸
  3. イチロー 引退

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。